読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョジョblog

ジョジョに関する記事を書いていきます

サンドマンからサウンドマンへ・・・

STEEL BALL RUN 疑問、考察

ジョジョ第7部に登場するサウンドマン。

http://blog-imgs-13.fc2.com/e/k/u/ekura/20061025034730.jpg

初登場時に仲間からもサンドマンと呼ばれていたにも関わらず、後からサンドマン(砂男)は白人が聞き間違えた名前、本当の名はサウンドマン(音を奏でる者)」と自分から発言しています。

何故この様な矛盾が発生したのか?その答えに迫ります。

 

仮説その① サウンドマンはD4Cによって連れてこられた

これが一番有名かつ有力ですね。

その証拠に、大統領の部下から呼ばれた時に板の間から現れています。

http://livedoor.blogimg.jp/jyojyo_soku/imgs/2/9/29a0d350.jpg

D4Cは平行世界(パラレルワールド)から物(人)を連れてくる事が出来ますが、その条件として何かに挟まる必要があります。

このシーンはそれを満たしている!(細かく言えば、別次元に隠れていたにも関わらず「出てこい」の声に反応できた理由は分からない)なのでこの説が浮上した訳です・・・。

自分もこの説だとは思います・・・が一応他の説も。

 

仮説その② スタンドがレース中に進化した

ジョニィのタスクの様に砂のスタンドが音のスタンドへと進化したという仮説。

http://livedoor.blogimg.jp/jyojyo_soku/imgs/4/7/474df232-s.png

 

ただしこの説はスタンドの変化の矛盾を説明しただけであり、サンドマン→サウンドマンの名前の矛盾は説明出来ません

なのでこの仮説は恐らく違うでしょう・・・。

 

仮説その③ サンドマンは皮肉で言った言葉 砂のスタンドはイン・ア・サイレントウェイの応用

サウンドマンは白人に関する事をよく調べていたのが1巻の冒頭で分かります。

そこから仮説を立てると・・・「サウンドマンは白人に興味があった為に白人が開いたマラソン大会(の様な物)に出場していた」

「そして出場する際に白人から「サンドマン」と呼ばれた」

http://blackbell.sakura.ne.jp/xyz/imgs/uj/2006uj11_sbr01.jpg

「その事を怒りながら姉に話したらサウンドマンの姉はそれを村の皆にバラしてしまい、そこから村民は「皮肉の意味を込めて聞き間違えられた名前で読んでやろう」となった」 のでは・・・?

でもこの説だと姉がサンドマンって呼んだ意味が分からない・・・。

意外と意地悪な姉だったんでしょうか?

  スタンドに関してはそのまんまです 応用しただけ。

 

 

いやあ・・・流石に後2つは無理矢理過ぎますね・・・。

答えに迫ると書いておいてこれは酷い・・・まあ実際答えは分かるんですけどね。

「荒木先生が途中で設定変更した」それ以上でも以下でもない。

それを裏付ける様にイン・ア・サイレントウェイは3部の砂を操るスタンド「ザ・フール」に似ています

http://jojo.matomeno.net/img/7th/005s.jpghttp://jojo.matomeno.net/img/3rd/003s.jpg

 

これが真実!